育毛剤イメージ

男性ホルモンが多い女性向けの育毛剤について

私は子供の頃から鼻の下に生えている産毛が濃いのが悩みの種でした。
小学生や中学生の頃は、クラスの男子から「ヒゲが生えている」とからかわれることがしょっちゅうありました。
気の弱い子であればそれが原因で不登校になってしまったんじゃないかと思えるくらい頻繁にからかわれたのですが、幸いにも私の場合は、ヒゲだけじゃなく心臓にも剛毛が生えていたようなので不登校になるようなことはありませんでした。
でも、かなり大きなコンプレックスになっていたのは事実です。
大人になっても鼻の下の産毛が濃いのは相変わらずですが、とりあえず頻繁に剃るようにしていますし、いずれエステサロンで永久脱毛を受けるつもりでいます。
ですが、20代後半にさしかかった頃から頭髪が薄くなってきてしまいました。
仕事がかなり忙しいので、そのストレスかなとも思うのですが、ヒゲは生えているのに頭の毛は薄くなるなんて、まるでハゲのオヤジみたいだと嫌になってしまいました。
たまたま、薄毛が気になり始めた頃に、看護師をやっている友達と飲みに行くことがあったので、なぜ薄毛になってしまうのかと聞いてみたところ、ホルモンのせいかもしれないと言われました。
私みたいに、鼻の下の産毛は濃いのに頭髪は薄くなる女性の場合は、一般的な女性よりも男性ホルモンの分泌量が多い可能性があるのだそうです。
女性にも男性にも、女性ホルモンと男性ホルモンの両方が存在しているのですが、それぞれの性差に応じた適切なバランスになっているのが普通だそうです。
でも、何らかの原因でそのバランスがおかしくなってしまうと、そのバランスの狂いに応じた症状が現れてくるので、男性ホルモンの多い女性の場合には、男性型の薄毛が発生してしまうことが多いと言われました。
その症状を軽減するためには、育毛剤が一番効果が高いと教えられたので、現在育毛剤を使っています。
ただし、育毛剤であれば何でもよいというわけではなくて、男性型の脱毛が起こってしまうホルモンの分泌を抑制する効果のある成分が入っているものがよいと言われました。
でも、素人の私には具体的にどんな成分のものを選べばよいのかわからなかったので、友達に無理を言って調べてもらい、現在私が使用している育毛剤を教えてもらったのです。
使用し始めてすぐに効果が現れたわけではありませんが、3ヶ月位経った頃から髪の毛の量が増え始めたのを実感することができるようになりました。
現在、使用開始からちょうど半年経ったところですが、当分は使い続けてみようと考えています。

Copyright(C) 2013 頭皮対策.com All Rights Reserved.